ブロックチェーンとマイニング

ブロックチェーンとは

仮想通貨が通貨としての機能を果たすためには、誰がいくら保有しているかが正確に記録されていなければなりません。また正確性を担保するためには、誰から誰に移動したかという取引の記録も残しておくことが必要です。それらが一つの台帳に記帳されることによって、紙幣やコインという実物を伴わない通貨が成立しうるわけです。

専門外の人には、こうした台帳は中央の大型コンピューターで集中管理するものというイメージが湧きます。しかし最初に仮想通貨を世に送り出した人達は、インターネットにおける暗号化技術のエンジニアでした。彼らが興味を持ったのは、そうした中央処理ではなく分散処理だったのです。つまり、ネットで繋がった多数のコンピューターで台帳を管理できないか、ということでした。そのために誕生した技術がブロックチェーンと名付けられた技術です。

ブロックチェーンの基本的な構造は、取引が記録された小さな単位(これをブロックと呼びます)が、インターネットで繋がっている長い連結列車だと言えます。四方八方に枝分かれするのではなく、あくまで列車のように直線的に連結された構造です。新しい取引が行われて最後のブロックに書ききれなくなると、新しいブロックが作成されます。ただ新しいブロックをつなげるためには、一定の計算にしたがって解を求める必要があります。この解を導き出すと新たなブロックが生成されて記録が再開されます。そうやって生まれたブロックが有機的につながって一つの台帳を形成することで、常に最新の状態が保たれているわけです。

マイニングとは

ところで、仮想通貨には面白い仕組みがあります。解を導き出したコンピュータには新しい仮想通貨が無料で発行されるのです。言ってみれば台帳の更新に協力してくれた報酬です。仮想通貨がまだ実験の域を出ていなかった頃は、この計算は一部の人が担っていました。しかし利用者が増えてくると、無料で仮想通貨が入手できるという魅力に惹かれて、多くの人がこの計算に参加するようになりました。解を見つけて新しいブロックを作り、対価として新規発行の仮想通貨を手にする。この行為はマイニング(Mining)と呼ばれ、急速に広がっていきました。

当初のマイニングは、個人が所有する普通のコンピュータでも可能でした。しかし仮想通貨が多くの人に利用されるようになると、取引量が増え、それに連れて取引履歴も加速度的に膨らんでいきます。すると、解を見つけるために必要な計算もそれに比例して増えます。実はここにブロックチェーンの欠点があります。台帳維持に要する計算負荷が増加することでコンピュータにより高い性能が求められるのです。当然消費電力もうなぎ上りになっていきます。

こうした事情から、マイニングは個人で行える範囲をとうに超えてしまっています。今では専門的知識を持つ人たちがグループを組んで取り組んでいます。計算に関する特許を取得するところまで専門化しているのですから、個人でマイニングを行うのは不可能です。ただ、グループに参加して自分のパソコンを提供し、その能力に応じて分け前をもらうという方法はあります。ただこれもかけた費用や労力の割にもらえる仮想通貨はわずかで、決して割にあいません。趣味としてやってみるという世界です。それでも興味があるという方は以下で解説しています。

  • 関連記事…マイニング実践講座

Copyright(c) 2008-2018 All Rights Reserved.