政策金利

   政策金利とは、各国の中央銀行が国全体の金利を調整するために、誘導のターゲットとしている金利のことです。日本の場合、以前は公定歩合でしたが、現在ではコール市場の無担保コール翌日ものが政策金利となっています。

   公定歩合は中央銀行が一般の銀行に貸し出しを行う際の金利です。金利市場の自由化が進んでいない段階では、公定歩合によって中長期の金利までコントロールすることができました。しかし自由化が進んだ結果、銀行間取引市場に直接参加して、金利を制御することが必要となっているのです。

   日本だけでなく、主要国の政策金利は短期市場金利であり、これを操作することで中長期の金利水準をコントロールしています。政策金利は為替相場に大きな影響を及ぼしますので、FXにおいて、最も重要な情報の一つです。先進主要国における政策金利は次の通りです。

日本 無担保コール翌日ものレート
米国 FF(フェデラルファンド)レート
ユーロ圏 レフィ金利(ECB主要リファイナンシング・オペ金利)
英国 レポ金利
オーストラリア キャッシュレート
ニュージーランド オフィシャルキャッシュレート
スイス 銀行間(LIBOR)3ヶ月物金利
カナダ 翌日物金利
シンガポール 銀行間3ヶ月物金利
香港 ベースレート

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.