PCE価格指数

   PCE価格指数(Personal Consumption Expenditures Price Index)はCPI(消費者物価指数)の一種ですが、伝統的な指数の計測方法を発展させたもの。より実勢的な物価を把握できるように工夫されています。米国では消費者物価指数とPCE価格指数のどちらも発表されていますが、両者の違いは二つあります。

PCE価格指数と消費者物価指数の違い

   一つ目は、PCE価格指数のほうが調査対象が広いこと。消費者物価指数は都市部が主な対象で全消費者の8割程度をカバーしていますが、PCE価格指数はほぼ全てを調査対象としています。二つ目の違いは、指数の計算方法。消費者物価指数は計算の対象になる品目が固定されているのに対して、PCE価格指数は柔軟に入れ替えます。

   例えば、果物の代表としてリンゴが計算対象になっていたとします。もしハリケーンの影響でリンゴの値段が上昇すれば、消費者物価指数もそれに応じて上昇します。しかし一方でリンゴの代替となる果物の値段が変わっていなければ、リンゴの消費量は落ちるので、物価へのインパクトも低下します。PCE価格指数ではこうした点が考慮されているのです。

PCE価格指数の重要性

   PCE価格指数はFRBの金融政策を占ううえで重要な指標です。一般に各国の中央銀行(FRBは米国の中央銀行に当ります)は物価の番人といわれ、物価の安定を最も重要な政策目標としています。通常、中央銀行が指標とするのは消費者物価指数ですが、FRBはPCE価格指数ーを重視しているのです。上述したように、よりリアルに実際の物価動向を反映しているからです。特に食品とエネルギーを除外したコア指数が重要で、望ましい上限として+1.5%〜+2.0%を想定していると言われています。発表日には為替相場が大きく動くときもありますので、FXにおいては十分な注意が必要です。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.