新興国通貨

新興国通貨とは

   新興国通貨(Emerging Nation Currency)は文字通り新興諸国(エマージング諸国)の通貨をさします。新興国は発展途上国とはややニュアンスが異なり、人口や資源などから将来的には経済大国となることが予想される国々をさします。具体的には以下のような通貨が該当すると言えるでしょう。

BRICs各国

  • ブラジル−レアル(BRL)
  • ロシア−ルーブル(RUB)
  • インド−ルピー(INR)
  • 中国−人民元(CNY)

VISTA各国

  • ベトナム−ドン(VDN)
  • インドネシア−ルピア(IRP)
  • 南アフリカ−ランド(ZAR)(関連記事:南ア・ランドの特徴
  • トルコ−リラ(TRY)(関連記事:トルコリラの特徴
  • アルゼンチン−ペソ (ARS)

MENA各国

  • サウジアラビア−リヤル(SAR)
  • UAE−ディルハム(IRP)(関連記事:UAE・ディルハムの特徴
  • エジプト−ポンド(EGP)
  • イスラエル−シュケル(ILS)
  • その他中東から北アフリカの新興諸国

新興国通貨で行う資産運用

   新興国は将来的な発展が見込まれるため、中長期的に通貨の値上がりが期待できます。また、新興国は政策金利を高めに誘導している国が多いため、その点でも魅力です。ただし、新興国通貨の特徴を知っていないと痛めに会う場合もあります。新興国は先進国に比べて政治経済が不安定なため、ハイリスク・ハイリターンの一面があります。

   そのため、金融市場のリスクアペタイトが後退したり、米国で利上げが行われたりすると、一斉に投資資金が流出して通貨が下落する場合があります(参考記事:新興国通貨の下落と円相場)。逆に言うと、そのような場面こそ新興国通貨に投資するチャンスと言えます。FXスワップ狙いを行う場合も、そうした場面で買うことをお勧めします。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.