実質金利

   実質金利は名目金利(表面金利)からインフレ率を差し引いたものです。例えば、名目金利が1%の債券を購入すると、1年後には1%の金利を受け取ることができます。しかし、その間に物価が2%上昇したとすると、結果としてはこの債券を購入したことで1%の損を被ったことになります。つまり、実質的な金利はマイナス1%ということです。過去のインフレ率はCPI(消費者物価指数)などで計ることができますが、債券の価格は予想に基づいて形成されます。この予想を期待インフレ率といいます。

   為替相場の形成には政策金利や中長期金利が重要な役割をはたしますので注目が必要ですが、実質金利がより重要になります。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.