公定歩合

   公定歩合は各国の中央銀行が市中銀行(一般の銀行)に融資する際の金利です。金利が自由化されていない環境では、公定歩合の上げ下げで国全体の金利をコントロールできました。しかし先進諸国ではすでに政策金利としての機能は失われています。

   日本では1994年に金利が自由化されたため、現在では無担保コール翌日物レート(コール市場)が政策金利の地位を占め、公定歩合は短期金利の上限的な位置づけとなっています。そのため、FXでも公定歩合そのものはあまり注目される指標ではありません。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.