名目金利

   名目金利は表面金利ともいい、債券の額面上の金利のことです。名目金利から期待インフレ率を差し引いたものを実質金利と言います。例えば、名目金利が1%の債券を購入すると、1年後には1%の金利を受け取ることができます。しかし、その間に物価が2%上昇したとすると、結果としてはこの債券を購入したことで1%の損を被ったことになります。実質的な金利はマイナス1%ということです。このため、債券市場では常にインフレ率を予想しながら、価格が決定されるのです。

   為替相場の形成には政策金利や中長期金利が重要な役割をはたしますので注目が必要ですが、名目金利だけでなく実質金利にも目を向けることが重要です。その点でTIPSインフレ連動債)の動向はFXの売買方針を検討する際に参考になる指標です。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.