スワップ狙い

   FXでは俗にスワップ狙いと言われる取引手法があります。スワップとはスワップポイントのことで、FXで建玉を持つと受け払いが発生します。これを目的に取引を行うのがスワップ狙いです。一種のキャリートレードとも言えます。

   この取引では、なるべく低金差の大きい通貨ペアを選択し、高金利のほうの通貨を買います。金利はその国の銀行間取引における短期金利が指標になります。その差が大きいほど受け払いの額も大きくなり、投資リターンが上がります。ただ、スワップポイントには業者の手数料などが加味されますので、単純な金利差ではありませんが。また、業者によっても提示されるスワップポイントに違いがあり、スワップ狙いの取引では、そこに力を入れている業者に人気が集まります。

   スワップ狙いの取引では確実にスワップポイントの収入が見込めますが、為替リスクを負っていることに変わりはありません。スワップポイントではプラスだが相場では損失が出たため、トータルではマイナスということもあるわけです。ですから、スワップ狙いでいくにしても、為替相場についても十分に検討する必要があります。

スワップ狙いと外貨預金の比較

   外貨預金とスワップ狙いの取引を比較すると、コストは圧倒的にFXのほうが有利です。また、外貨預金はペイオフの対象外ですが、FXは信託保全により保護されていますので、安全性の面でも有利です。さらに、税制についても、FXは利益と損失の相殺や損失繰越ができるため、この点でもメリットがあると言えるでしょう。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.