イールドカーブ

   イールドカーブ(Yield Curve)は、満期の異なる債券の利回りをグラフ化した時に現れる曲線のことで、金利曲線とか利回り曲線とも呼ばれます。図で示された緑色の曲線が一般的なイールドカーブのイメージです。

イールドカーブ

順イールドカーブ

   上の図では、縦軸に債券の利回り、横軸に満期(償還)までの期間をとり、期間の短い順に左から利回りをプロットしています。債券の利回りは、期間の短いもののほうが低く、長期になればなるほど高くなるのが普通ですから、緑色の線のようになります(傾斜がちょっと誇張されていますが)。これを順イールドカーブと言います。期間の長いもののほうが高利回りになるのは、将来のことは分からないという、リスクプレミアムがつくためです。

逆イールドカーブと変則イールドカーブ

   ところが、景気やインフレの見通しによっては短期と長期であまり差がなくなったり(フラット化)、稀に逆転して赤色の線のようになります。これを逆イールドカーブと言います(実際にはここまで極端になることはありませんが)。逆イールドカーブの出現は、景気後退の前兆と見られる場合もありますが、必ずしもそうとは限りません。ただ、通常あまりお目にかかることはありませんので、その背景にある景気動向には注意を向ける必要があります。

   また、ユーロ危機の際には、このどちらでもない形状のイールドカーブが形成されました。当該国が財政破たんする確率が最も高くなると市場が判断した年限(多くは1年〜2年程度)の金利水準がもっとも高くなったのです。平時であればあまり意識されることのない財政リスクプレミアムが、金利の構成要素に上乗せされたためです。

イールドカーブとFX

   FXとの関係では、金利動向は為替相場に大きな影響を及ぼすことから、イールドカーブの変化は取引方針を建てるうえでヒントになることがあります。例えば、カーブがスティープになるとインフレ懸念による金融の引き締めが考えられます。金利上昇は短期的には為替相場の上昇要因ですが、インフレは長期的には下落要因となります(参考記事:為替相場とインフレ)。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.