決済用普通預金

   決済用普通預金は、預金保険制度により預金の全額が保護される普通預金です。一般的な普通預金は、利息がつく代わりに(と言ってはなんですが)ペイオフの対象となります。銀行が破綻した場合は『元本1千万円+その利息』までしか保護されないわけです。

   これに対して、決済用普通預金では利息がつかないかわりにペイオフの対象になりません。預金保険法で「無利息・要求払い・決済サービスの提供」という三つの要件を満たす預金は、全額保護の対象となっているからです。ゆえに、決済用普通預金は銀行が破綻しても大丈夫。決済用普通預金は個人でも開設することが可能です。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.