FXの税金 トップページ

FXの税金制度を詳しく解説しています。節税のノウハウや配偶者控除に関する注意点等にも触れていますので参考になさってください。平成19年あたりからFXに対する税務署の姿勢も大きく変わり、平成21年からは支払調書の提出も始まりました。今では損益通算や損失繰越も認められています。税金のことは、確定申告の直前ではなく、取引を始める前からしっかり押さえておきましょう。そうすれば、申告資料(例えば経費など)を用意するのに苦労したりせずにすみますから。

1.FX税制の概要

必要経費と所得控除、確定申告、損益通算、損失繰越、申告免除などについて解説します。

2.確定申告が必要な時

確定申告は損したら必要ないとは限りませんし、利益が出たからといって必ずしも必要というわけではありません。

3.FXの支払調書について

税務署が取引を把握する仕組みを解説します。

4.FXで確定申告をしないとどうなるか

素朴な疑問にお答えします。

5.FXの取引手数料にかかる消費税

消費税がかかる場合とかからない場合があります。

6.FXの印紙税

あまり一般的ではありませんが、印紙税がかかるケースがあります。>

7.一般的なFXの節税方法

脱税は不法行為ですが、合法的な節税はどんどんやりましょう。

8.法人化によるFXの節税方法

大きな資金で取引を行う場合は法人化も一つの節税方法です。

9.外貨建商品の税金比較

FXのほか外貨預金や外貨建てMMFの税制を比較します。

10.専業主婦のFXはご用心

専業主婦の方はFXで利益が出たら配偶者控除にご用心。

▲このページの先頭へ

◎次のページ:確定申告が必要な時

Copyright(c) 2008-2018 All Rights Reserved.