FXで失敗する理由
トップページ

FX(外国通貨証拠金取引)では失敗する人の方が多いと言われます。これは、FXに限らず株や先物取引などの相場商品全体に言えることでもあります。一つの理由として、相場には不確定な要素が多く、運・不運がついてまわるということがあります。しかし、上がるか下がるかの確率は単純に五分と五分。コイントスで決めても、取引コスト程度の負けですむはずです。しかも日本のFXはスプレッドが世界最低の水準と言ってよく、取引コストは驚くほど安くなっています。それなのに、相場で失敗する人のなんと多いことでしょう。そこには多くの人に共通するいくつかの理由があるからです。ここでは、なぜFXで失敗するのかという疑問にスポットを当てて、以下その理由を考えてみたいと思います。

1.FXで失敗する六つの理由

多くの人に共通する六つの理由を解説します。相場で損した経験がおありの方なら必ず心当たりがあるでしょう。

2.プロスペクト理論が示す失敗の理由

行動経済学で立証されている失敗の理由を解説します。

3.双曲割引の罠

行動経済学では相場における人の弱点を検証しています。

4.強気の罠と弱気の罠

誰でも陥る可能性のある相場の心理的な罠について解説します。

5.意地商いと値ごろ商い

昔から戒められているのに陥ってしまう相場の代表的な罠です。

6.FXで失敗する人の特徴

FXで失敗する人はこんな特徴を持っています。ご自身が当てはまらないか確認してください。

Copyright(c) 2008-2018 All Rights Reserved.