FXで失敗する人の特徴

   ここまでは、FXで失敗する理由を明らかにしてきました。最後にこれまで解説してきた内容を踏まえて、FXで失敗する人の特徴を挙げておきます。ご自身が該当しないかどうかチェックし、もし思い当たるようならその点に留意して取引をしてください。常に思い返し時には反省することによって、自分の弱点を克服し、FXのスキルが向上していくことでしょう。

ギャンブラー気質の人

   FXはハイリスク・ハイリターンな取引ですから、そもそもギャンブル的な要素を含んでいます。そこに魅入られてしまったり一攫千金を狙ったりすると、いつかは大損をしてしまうことは避けられません。特に怖いのは、少し負けが込んでくると、それを取り返そうとして大きな勝負に出てしまうことです。本当のギャンブルなら、手持ちの資金が尽きてしまえばそれまでですが、FXでは元本を割ってしまう可能性もあります。また、投下資金もギャンブルに比べて大きくなりがち。博打が好きという人はレバレッジの聞いた相場商品には手を出すべきではありません。

リスクへの認識が希薄な人

   これはギャンブラー気質とも通じますが、建玉する前から儲かることばかり考える人。こういう人はリスクに対する認識が希薄で、チャンスを逃してしまうことが心配です。また、建玉後は予想外の方向に動いても方針を転換することができません。こうした傾向は初心者に強く、痛い目にあってはじめてリスクの怖さに気づくわけです。また、認識が希薄であるどころか、そもそもリスクが好きという人もいます(参考記事:リスクラバー)。こういう人は相場のスリルそのものに魅了されているため、建玉したくてたまりません。FXでは儲かる確率が高い場面は簡単には巡ってきませんが、そのうち必ず巡ってきます。気長に待つくらいの構えが必要なのです。

自制心が弱い人

   FXでコンスタントに利益をあげていくためには、自分で売買のルールを作り、それを守っていくことが必要です。特に損切りルールは重要ですが、いざその場面になってもルールを守れない人がいます。もう少し我慢すれば相場は好転するかもしれない、と考えてしまうのです。あるいは逆もあります。せっかく利が乗ってきたのに、利食いのルールが発動する前に、我慢できずに決済してしまうのです。このようにルールを守る自制心が弱い人は、FXではまず損をして終わります。

人の意見に依存する人

   FXで儲けようとする以上、為替相場の分析は欠かせません。ただプロでない限りは分析に多くの時間を割くことはできません。そこで、専門家の意見を参考にすることになります。それ自体は自然なことですが、あくまで参考にとどめておかなければなりません。相場は生き物であり刻々と変化しています。エコノミストが書いた記事はとうに賞味期限が切れているかもしれないのです。それに、そもそもエコノミスト達の意見は百花繚乱であり、たまたま読んだ記事を鵜呑みにすることは危険です。また、人の意見に依存する人は、相場の損を人のせいにします。これではいつまで経っても知識や技術が向上しません。

値ごろ感で売買する人

   ここまでは気質やメンタルの面で損をする人にタイプを列挙してきました。以下では知識や技術的な問題で損をする人を挙げます。まずFXは値ごろ感(値頃感)で売買してはいけません。値ごろ感というのは、ここまで下がれば安い(あるいは、ここまで上がれば高い)という感覚のことです。実際の生活では、バーゲンで3割引きに値下がりしたら値ごろ感が働きます。これを相場に持ち込んではいけないのです。相場は値ごろ感が働く水準を突き抜けることが珍しくないからです。こうした相場の局面を投げ売り踏み上げといいますが、これらを避ける方法としては、相場のメイントレンドに逆らわないことと、分散建玉を行うことです(参考記事:FXの売買タイミング)。

売られ過ぎ・買われ過ぎを信じる人

   テクニカル分析の中でもRSIは人気の高い手法ですが、解説書などでは必ず「30%以下は売られ過ぎ、70%以上は買われ過ぎ」と説明されています。パラメータの設定によっては30%が20%になったりしますが、いずれにしてもこれを鵜呑みにしてはいけません。特に初心者の方はシンプルに解説書のとおりに売買しがち。しかし為替相場はそれほど単純ではありません。確かに一定水準を割ると反発することは多いですが、そこでトレンドが変わる保証はありません。50%を下回って推移する限り下げ続けているわけですから、安易に売られ過ぎなどと解釈すべきではありません。ただし、押し目あや戻しの場面でなら利用できます。

スワップポイントを狙う人

   スワップポイントはFX取引の魅力の一つですが、あくまで相場の付録です。初めからスワップポイントだけを狙ってFXに参加すべきではありません。為替相場のリスクの方がはるかに大きいからです。スワップポイントで5%以上とれるなら確かに魅力はありますが、取引コスト(スプレッド)も考慮する必要があります。それでもスワップ狙いでFXをするなら、預金感覚で放置してはいけません。常に為替相場の動きにアンテナを張っておく必要があります。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.