テクニカル分析とは

   テクニカル分析(Technical Analysis)はチャート分析とも呼ばれ、為替相場の動向をチャート(グラフ)によって分析する手法のことです。これに対して経済統計などを分析する手法をファンダメンタル分析と言います。為替相場を予想するうえでどちらを重視するかは取引手法にもよりますが、相場の基本的な方向性はファンダメンタル分析で、売買のタイミングを測るのはテクニカル分析で、という使い分けも一つの手法です。また、ファンダメンタルズに変化がなければ、テクニカル分析に頼ることになります。

テクニカル分析の例

   テクニカル分析を行うときに最も一般的に見られるのが、上のような組み合わせです。上段(@のエリア)に値動きを表すチャートとそれに重ねるテクニカル分析、下段(Aのエリア)にオシレーター系のテクニカル分析というスタイルです。他にも新値足やポイント&フィギャアなど系統の異なる分析手法がありますが、基本はこのパターン。以下に、代表的な分析手法をあげておきます。

値動きそのものに関するテクニカル分析

   値動きを表すチャートには、ローソク足、バーチャート、ラインチャートなどがあります(これらについては次ページで解説します)。上の図は細かくてやや見づらいですが、ローソク足を採用しています。これら値動きのチャート自体に対する分析には次のようなものがあります。

値動きのチャートに重ねるテクニカル分析

   値動きを表すチャートに重ねて描画するものには次のようなものがあります。

オシレーター系のテクニカル分析

   オシレーター系といわれるものには次のようなものがあります。オシレーター(oscillator)とは『振動』を意味する言葉です。

◎次のページ:チャートの基本種類

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.