値ごろ感

   『値ごろ感』というは、為替相場が高値圏から下がってきて割安だなと感じること、あるいはその逆に、値段が上がって割高と感じることを言います。つまり、単純に値段の位置から、なんとなく買いどき売りどきと思う感覚のことです。そういう感覚は、無意識に以前の高値や安値と比較して生まれるものですが、根拠に乏しく、相場では注意しなくてはならない心理です。

   『値ごろ商いは怪我のもと』という格言があります。ある程度相場経験のある方なら身に覚えがある方も多いでしょう。FXでも、『ここまで下がればさすがに買いだろう』などと安易に買い向かってはいけません。特に大相場になると踏み上げ投げ売りのせいで値ごろ感はまったく通用しなくなります。指値注文を入れる場合も、値ごろ感だけで決めないよう、注意したいものです。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.