外為法

   外為法(がいためほう)は『外国為替及び外国貿易法』の略です。1988年に為替取引のグローバル化を背景に改正されました。このときの主な改正点は以下があげられます。

  • 内外資本取引の自由化
  • 外国為替業務の完全自由化
  • 事後報告制度の整備、経済制裁などの国際的要請への対応

   FXはこのときの改正によって日本に導入され、以後急速に広がっていったのです。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.