モーゲージ証券

モーゲージ証券とは

   モーゲージ(Mortgage)とは不動産担保ローンのこと。モーゲージ証券は、不動産担保ローンを裏付けとして発行された証券のことです。英語名は MBS(Mortgage Backed Security)で、モーゲージバック証券、不動産担保証券とも言います。モーゲージ証券のうち、住宅を担保としているものをRMBS(Residential MBS)、商業用不動産を担保としているものをCMBS(Commercial MBS)と言います。米国市場ではRMBSのほうが発行残高が多く、10兆ドル超と米国債の発行残高を上回る規模になっています。

モーゲージ証券の仕組み

   モーゲージ証券の仕組みを簡単にご説明します。まず、住宅ローンの貸し手(住宅ローン会社や銀行)が、消費者にローンを貸し出します。つまり融資を行うわけです。すると融資した側は消費者に対して債権を保有することになり、これを証券の発行会社に売却します。証券発行会社は、この債権を裏づけとした証券を発行するわけです。

   米国においては、その大部分はジニーメイ(連邦政府抵当金庫)、ファニーメイ(連邦住宅抵当公庫)、フレディマック(連邦住宅金融抵当金庫)が発行または債務保証を行っています。これらの金融機関はサブプライム問題の際に危機的状況に陥りましたが、米政府の救済政策によってなんとか持ちこたえた経緯があります。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.