ウェブクライアント型とリッチクライアント型

    FXの関係でウェブクライアント型とリッチクライアント型と言えば、取引システムのタイプを指します。ウェブクライアント型は、インタ−ネット上のホームページなどが閲覧できる環境があれば利用できるタイプのもの。これに対しリッチクライアント型は、あらかじめパソコンにインスト−ル(設置)する必要があるタイプのものを指します。ウェブクライアント型はネットカフェなどからでも利用できる便利さがありますが、機能やレスポンスの面ではリッチクライアント型のほうが勝ります。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.