ADP雇用統計

ADP

   ADP雇用統計は、民間の給与計算代行サービス会社であるADP(Automatic Data Processing)社のデータを用いて、マクロエコノミック・アドバイザーズ社が発表している雇用統計です。2006年4月分から始まったので、まだ歴史の浅い指標です。米労働省の雇用統計は毎月第一金曜日に発表されますが、ADP雇用統計はその前の水曜日に発表されますので、本丸の雇用統計を占う意味である程度の注目は集めます。

   両者には相関関係が認められますが、実際の数字にどこまで近い数字が出るかと言うと、むしろエコノミスト予想の平均値のほうが近い傾向もあります。ただ、実際の数字が平均予想よりも高いか低いかを予想するうえで、ADP雇用統計は有用であるとの見方もあります。また、雇用者数の大幅な増加や減少が見込まれるようなとき、ADP雇用統計でそうした数字が出ると、ある程度ガス抜きとなり、労働省の雇用統計では市場の反応が抑えられることもあります。

発表日 市場予想値 発表値
2013/5/1  +15.0万人  +11.9万人 
2013/4/3  +20.0万人  +15.8万人 
2013/3/6  +17.0万人  +19.8万人 
2013/1/30  +16.5万人  +19.2万人 
2013/1/3  +13.8万人  +21.5万人 
2012/12/5  +12.5万人  +11.8万人 
2012/11/1  +13.5万人  +15.8万人 
2012/10/3  +14.0万人  +16.2万人 
2012/9/6  +14.0万人  +20.1万人 
2012/8/1  +12.0万人  +16.3万人 
2012/7/5  +10.0万人  +17.6万人 
2012/5/31  +15.0万人  +13.3万人 
2012/5/2  +17.0万人  +11.9万人 
2012/4/4  +20.6万人  +20.9万人 
2012/3/7  +21.5万人  +21.6万人 
2012/2/1  +18.2万人  +17.0万人 
2012/1/5  +17.8万人  +32.5万人 

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.