ブルとベア

なぜブルとベア?

ブルとベアブル(Bull)は雄牛、ベア(Bear)は熊のことですが、為替相場でブルは上昇基調や強気の象徴、ベアは下降基調や弱気の象徴です。ブル・マーケットと言えば、市場参加者が値上がりを見込んで楽観的になっている状態、ベア・マーケットは値下がり懸念が強く悲観が支配している状態を意味します。なぜブルが強気、ベアが弱気の象徴なのかと言うと、『ブルは下から上へ角を突き上げるから、ベアは上から襲いかかるから』という説が一般的ですが、真偽のほどは定かではありません。

ブルベア戦略

   投資手法の一つに「ブルベア」と呼ばれる戦略があります。これはブル(買い)とベア(カラ売り)を組み合わせて、相場全体が上げても下げても利益が出ることをねらったものです。割安な銘柄を買って、同時に割高な銘柄を売るわけです。また、投資信託には「ブルベア型」と呼ばれるタイプのものがありますが、これは相場の上昇時に値上がりするものと下降時に値上がりするものをそれぞれ用意した投資信託です。多くの場合、多少のレバレッジを効かせています。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.