CFD

   CFDは金融デリバティブ取引の一種で、基本的な仕組みはFXとほぼ同じです。すなわち、証拠金取引差金決済という土台の部分は共通で、取引の対象(原資産)が異なります。もともとCFDは Contract For Difference の頭文字で、差金決済という意味です。つまり、株式など現物の受け渡しを伴わない、帳簿上だけの取引ですよ、ということ。

   取引対象は、FXが通貨(厳密に言うと外国為替スポット取引)であるのに対して、CFDは主に株や債券などの有価証券です。ただ、証券先物や商品先物などを対象としているものもあり、守備範囲はかなりワイド。なお、現物株を対象としたCFDでは、配当や株式分割といったいわゆるコーポレートアクションも反映されます。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.