FRB(連邦準備制度理事会)

FRBFRB(The Federal Reserve Board)は米国の中央銀行に当たる機関で、正式名称を Board of Governors of the Federal Reserve Systemと言います。少しくだけた感じでフェド(The Fed)とも呼ばれます。日本語では連邦準備制度理事会と訳されるように、議長以下7名の理事で構成されています。議長は大統領の指名を受け、議会の承認を経て就任します。第15代に当たる現在の議長は、2014年2月1日にベン・バーナンキ議長を継いだジャネット・イエレン議長が務めています。

   FRBはFRS(連邦準備制度)の運営機関で、ドルを発行するほか、公定歩合、支払準備率などの金融政策を決定します。為替相場に多大な影響を及ぼすFOMC(連邦公開市場委員会)の中核組織でもあります。FOMCでは、政策金利であるFFレートの誘導目標が決定されます。

   FRBには、日銀やイングランド銀行など他の主要な中央銀行にはない特徴があります。それは、「物価の安定」だけでなく「雇用の最大化」も政策目標としていることです。これは「デュアル・マンデート(二つの責務)」と呼ばれます。一般的に中央銀行の役割は前者にありますが、FRBは前者だけでなく後者に対しても法的な責任を負っているのです。米国の数ある経済統計の中でも、FRBが雇用統計を重視していると言われるのはこのためです。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.