FOMC

FOMCとは

FOMC

   FOMC(Federal Open Market Committee)は米国の政策金利であるFFレートの誘導目標を決める政府機関で、日本では連邦公開市場委員会と訳されています。委員会は、FRBの理事全員とニューヨーク連銀総裁、および他の地区連銀総裁の中から交代で選ばれる4人の合計12人で構成されます。議長はFRB議長、副議長はニューヨーク連銀総裁が勤めます。

   FOMCは年8回開催されますが、金融市場が混乱し緊急対策を発動する必要に迫られたときは、臨時で開催されることもあります。世界中の金融市場関係者が注目する、第一級の金融イベントと言ってよいでしょう。特に政策金利の変更が予想されている状況では、まさに固唾を飲んで結果発表が待たれます。

声明文と議事録の発表

   FOMCの声明文は、開催最終日(アメリカ東部標準時午後2時15分頃)に公表され、議事要旨はその3週間後に公表されます。金利の変更があってもなくても、市場関係者にとっては米国の次の金融政策を予想する手がかりとなります。為替相場への影響も非常に大きく、FXにおいては最も重要なイベントの一つです。声明発表前にはスプレッドが開いたり、予想外の結果だった場合には相場が大きく動いたりします。FOMCの開催日程は、必ずチェックするように習慣つけましょう。開催日程や声明文は以下のFRBのサイトで見ることができます。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.