自己資本規制比率

   自己資本規制比率は金融商品取引業者の健全性・安全性をあらわす指標です。この数値が高ければ高いほど、その会社は健全で安全だと言えるのですが、金融商品取引法ではボトムラインを以下のように定めています。

  • 140%を下回った場合…金融庁長官への届け出が必要になります。
  • 120%を下回った場合…業務改善命令が出され、改善計画の提出が必要になります。
  • 100%を下回った場合…業務停止命令もしくは登録取り消し命令が発動されます。

   ただしFXで業者を選ぶ際には、140%を超えているからと言って大丈夫というわけではありません。300%未満は除外して検討することをお奨めしますし、なるべく500%以上のところにしたいですね。なお、自己資本規制比率は以下の計算式で求められます。

自己資本規制比率

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.