市場介入(為替介入)

市場介入(為替介入)とは

   為替相場に関連した記事で市場介入(または為替介入)という言葉が登場したら、それは通貨当局が為替相場を操作する目的で為替取引を実施することです。通常は各国の中央銀行が行います。日本でも日銀が実施しますが、介入を行うかどうかの意識決定権は財務省にあります。日銀は、財務相からの委託を受けて介入を行うわけです。

単独介入と協調介入

   一国の中央銀行のみが単独で行う介入を単独介入、複数の中央銀行が協力して行う介入を協調介入と言います。協調介入はめったに見られませんが、1995年8月、円が史上最高値圏にあったとき、日・米・独の協調介入が行われています。

委託介入

   市場介入の多くは中央銀行が自身で行いますが、他国の中央銀行に委託する場合もあります。例えば、日銀がドル安/円高を抑えるための介入を実施する場合、東京市場では日銀自身が、ニューヨーク市場ではニューヨーク一連銀に日本の資金で介入してもらうというもの。また、市場介入を表面化させたくないようなときは、中央銀行が直接に取引を行わず、市中銀行を通して注文を出す場合もあります。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.