プロキシートレード

   プロキシー(Proxy)とは「代理の」という意味です。なのでプロキシートレードは、何かの代理や替りとして行う取引をさします。どういうことかと言うと、為替市場である通貨の取引をしたいものの、思うように取引できない時があります。例えば、政治的または経済的な問題が発生して、流動性が著しく低下しているような場合です。この時に、代理となるような通貨を取引することがプロキシー・トレードです。

   リーマンショックの時には、世界中でリスクを回避する動きが強まりました。為替市場では新興国通貨を売って安全通貨を買う流れが起こりました。新興国の通貨はもともと取引量が少ないところへ売りが殺到したため、一部の通貨では十分な取引ができません。そこで、ヘッジのために相関性の高い通貨を売ったり、逆相関となる円やドルを買ったりする動きがありました。プロキシー・トレードとはこのような取引をさします。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.