S&L

   S&L(Savings and Loan Association)は貯蓄貸付組合とも呼ばれ、1980年代に米国で誕生した小規模な金融機関です。地域住民から預金を集め、不動産ローンなどの業務を手がけていました。しかし、無理な貸付やジャンクボンドへの投資などがたたって経営危機に陥るS&Lが続出。ついにS&Lの預金保険機構である連邦貯蓄貸付保険公社の破綻にいたったのです。金融機関を中心に株価が急落し、為替相場も大きく動揺しました。

   そこで政府は、金融機関改革復興執行法に基づいてRTC(整理信託公社)を設立し、不良債権の買い取りに乗り出します。これによって、世界に信用収縮を引き起こしたS&L危機は収束に向かうのです。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.