保証金取引

   保証金取引(または証拠金取引)とは、金融派生商品の取引において見られる形態で、取引の担保となる取引保証金(または取引証拠金)を差し入れて行う取引です。保証金取引では差金決済方式が前提となっており、決済時にはキャピタルゲインの差損益だけを清算して取引を結了します。この差損益の清算が確実に履行されるための担保として差し入れられるのが取引保証金です。

   取引保証金の額は取引の総代金に比べて少ないため、少ない元手でもより大きな取引を行うことができます。レバレッジの効いた取引を行うことができ、保証金取引はハイリスク・ハイリターンな取引となります。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.