Ifo景気指数

   Ifo景気指数は、ドイツ政府の公的な経済研究所である Ifo(Information & Forschung)が毎月発表しているドイツの景気に関する統計で、非常に注目度の高い経済指標です。Ifo景気期待指数とかIfo景況感指数とも言われます。

   ドイツの企業約7000社の経営者を対象に、現在と今後6ヶ月の景況感についてアンケート調査を行い、翌月の中旬以降に発表します。現在の景況感については「良い」「満足」「悪い」の中から、今後6ヶ月については「良くなる」「変わらない」「悪くなる」の中から選択してもらうという方法を採用しており、日銀短観のDIと同じような手法の統計です。Ifo景気指数は2000年を100として、季節調整、加重平均を行った数値です。

   Ifo景気指数は、ドイツ国内を対象とした統計ですが、ドイツの景気はユーロ圏全体の景気に大きな影響を及ぼします。このため、FXでは特にユーロ関係で注目度の高い経済指標です。単純化して言うと、Ifo景気指数が予想を上回る好調を示せばECB(欧州中央銀行)の利上げ期待が強まり、ユーロの買い材料となります。逆に予想よりもさらに悪い結果であれば利下げ期待が強まり、ユーロの売り材料となります。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.