ISM景気指数

ISM

   ISM景気指数は米国の供給管理協会(Institute for Supply Management : ISM)が発表している景気指標です。製造業と非製造業の2種があります。以前は全米購買部協会指数(NAPM)と呼ばれていました。

   ISM景気指数では、全米の購買担当役員に対し、1ヶ月前と比較して「良い」「同じ」「悪い」の三者択一方式でアンケートを実施します。その結果は翌月の第一営業日に発表されます。速報性が高いこと、企業の景況感を反映するので先行性があること、1931年調査開始とデータが豊富であることなどから、為替市場FXでも非常に注目度の高い指標です。

   50%が景況感の良し悪しを測る分岐点となり、50%を上回ると景気上昇、下回ると景気後退を示唆すると見られています。ISM景気指数は製造業指数と非製造業指数がありますが、製造業指数のほうが重要視されます。なお、広く知られているところでは、FRBはISM製造業景気指数が50%を下回っている状況で利上げを行ったことがなく、金融政策を占ううえでも注目したい指標です。

●ISM景気指数(非製造業)●
ISM景気指数(非製造業)

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.