海外のFX業者は日本よりも高いレバレッジで取引ができるようです。国内から利用することはできますか?

answer結論から言うと、利用できなくはないですが、避けるほうが懸命だと思います。そうした業者は順法意識に欠けていて信用がおけないからです。そもそも、日本国内でFXなどの金融商品を販売するためには、金商法(金融商品取引法)に従って営業しなければなりません。金商法はFXの最大レバレッジを制限しており、個人では25倍となっています(レバレッジ規制)。これを超えると法令違反となって、何らかの処罰を受けることになります。最悪、金商業者としての登録を取り消され、FXの販売ができなくなってしまいます。なので、日本の業者が25倍を超えるレバレッジを提供することはありません。

海外業者の問題点

   では、海外業者はどうでしょうか。外国の中には日本よりも高いレバレッジが法律で認められている国があります。しかし、その国の業者が日本の居住者を対象に営業する場合は、やはり金商法に従わねばなりません。ですから、本来は日本国内に支店や子会社を作って、金融庁に登録しなければならないのです。ところが、堂々と海外から日本に向けて営業している業者がいます。これは無登録のもぐりの業者です。あなたはそんな業者を信頼することができるでしょうか?

   日本の法律は海外までは及びませんから、「日本の居住者を対象に営業するならきちんと登録してください」と警告することはできても、処罰することはできません。友好国の業者ならその国の当局へ連絡して対応してもらうことはできるかもしれませんが、そもそもまともな業者なら、人の庭へ無断で入ってくるような真似はしません。それに、金商法では顧客資産の信託保全が義務付けられているので、万一業者が破綻しても預けたお金は戻ってきます。海外業者ではその点が不安です。名のしれた大手業者なら大丈夫だと思われるかもしれませんが、そうした業者は日本居住者の口座開設を受けてくれません。逆に言うと、受けてくれる業者はコンプライアンス体制がいい加減なのです。

利用したらどうなる?

   最後に、そうしたことは百も承知であえて海外業者と取引をする場合について触れておきます。これ自体は罰せられたりすることはありません。金商法はあくまで業者を規制する法律であって、個人の投資行動を規制するものではないからです。実際、金融庁が公表している監督指針には、個人が自発的に海外業者を利用すること自体は黙認する旨が記されています。しかしFXにはそもそも相場のリスクがあり、レバレッジは25倍でも高すぎるくらいです。そこへ自分ではコントロールできないリスクまで抱え込むのは無謀です。避けるほうが懸命ではないでしょうか(参考記事:FXのリスク)。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.