信託保全

   FXでは時おり信託保全という言葉を耳にします。これは、FX業者が顧客から預託された取引証拠金を管理する方法として、金融商品取引法で義務付けられているもの。信託銀行に信託することを言い、次の二種類の金銭信託が認められています。

  • 信託業務を営む金融機関への金銭信託で、元本補てんの契約のあるもの。
  • 信託会社もしくは信託業務を営む金融機関への金銭信託で、信託契約により顧客の資産が保全されるもの)

   信託保全では、FX業者や信託銀行自体が破綻しても、資産は法的に保全されますので、証拠金の管理方法としては安心できると言えます。信託分別(分離)保管とも言います。なお、取引所FX(参考記事:店頭FXと取引所FX)では、信託保全ではなく取引所に預託する方法が取られています。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.