ハーディング現象

   ハーディング現象とは、投資家が取引を行う際に、無意識のうちに大きな集団に同調しようと行動する現象を指します。「群れ」を意味する「Herd」に由来し、行動経済学で指摘された現象です。非合理的な投資行動であると分かっていても、多数派と行動を共にすることで安心感を得ようとする心理が背景にあります。企業の運用担当者にありがちな行動パターンですが、個人でも起こりえます。リーマンショックの原因となったサブプライム問題バブルの発生は、ハーディング現象であると言えます。為替相場でも、ハーディング現象を感じたら、少し離れたところから観察することが賢明な対処方法です。

Copyright(c) 2008-2018 All Rights Reserved.