ジャンクボンド

   ジャンクボンドとは、リスクが高く投資には不適格(ジャンク級)とされる債券のことです。リスクが高いというのは、デフォルト(債務不履行)の危険があるということです。つまり利払いや満期の償還が行われない危険性があるということです。

   ただ、あくまで安全性の高い債券に比べればということです。具体的にはスタンダード&プアーズ(S&P)社やフィッチレーティングスの格付けでBBB、ムーディーズ社の格付けでBaaを下回る低格付け債券を指します。

   低格付けであるということは、利回り(イールド)も高いため、積極的にジャンクボンドをポートフォリオに組みこむ投資手法もあります。投資信託などではややハイリスク・ハイリターン型になるわけです。ジャンクボンドは利回りが高いということから、ハイイールドボンドと呼ばれることもあります。

Copyright(c) 2008-2018 All Rights Reserved.