反対売買

   反対売買とは、買い建玉に対しては売り注文、売り建玉に対しては買い注文を出すことです。FXCFDでは反対売買によって建玉を決済します。売りである場合は転売、買いである場合は買戻しという言い方をします。

   これらの取引は帳簿上の取引ですから、買いと売りが常にセットになっているわけです。現物株式のように購入すればいったん取引が完了するわけではありません。FXでは取引の期限がありませんが、先物取引には期限がありますので、それまでに反対売買によって決済する必要があります。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.