国際収支

   国際収支(Balance of Payments)とは、外国との売買取引や貸借取引によって生じる収入と支出のことです。売買取引はモノやサービスを売ったり買ったりする取引、貸借取引は貸したり借りたりする取引をいいます。それらの差である黒字額または赤字額は、その国の経済力を測るうえで重要な指標となり、為替相場にも大きな影響を与えます。

   国際収支は二つの構成要素から成り立っています。一つは、外国とのモノやサービスの流れを把握するために用いられる経常収支。もう一つは、投資などお金の流れを把握するために用いられる資本収支です。さらに経常収支は貿易収支、サービス収支、所得収支、そして経常移転収支からなり、特に貿易収支が大きなウェートを占めます。貿易収支は一国の総輸出額から総輸入額を差し引いたもので、輸出が輸入を上回れば貿易黒字となります。資本収支は、日本から海外に投資した額と、海外から日本に投資された額の差を表します。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.