iTraxx指数

   iTraxx指数はCDSの取引価格を指数化したものです。企業の信用状況を総合的に見る指数として広く知られており、景気の後退などで信用市場の緊張が高まると上昇します。サブプライム問題が表面化して以降、特にリーマン・ショックからユーロ危機に至る過程では、高金利通貨や新興国通貨とiTraxx指数とは強い相関関係を見せており、TEDスプレッドVIX指数などとともに、為替相場を考えるうえで参考となる指数です。下図は iTraxx crossover40 index の当時の推移を示したグラフです。

iTraxx指数

   iTraxx指数はマークイット社(本社ロンドン)が算出・公表しており、算出のルールも同社のサイト等で公表されていますが、ごく簡単に言うと、50社とか80社のCDS価格を平均化して求めます。企業の格付けなどによって何種類かの指数があり、中心となる欧州版の他に日本版などもあります。マークイット社はCDSなどのデリバティブ(金融派生商品)の評価を行っている会社で、金融機関などが自社で保有するデリバティブのリスク管理を行うために同社のデータを利用しています。

   なお、東京証券取引所ではMarkit iTraxx Japan インデックスを日々公表しています。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.