ロングとショート

   為替相場の用語で、ロング(Long)は買い建玉、ショート(Short)は売り建玉のことです。例えば、ドル/円の取引でドルロングと言えば、ドルを買って円を売っている取引を意味します。ユーロ/ドルの取引でユーロショートと言えば、ユーロを売ってドルを買っている取引のことです(FXでは常に通貨ペアの左側が主体になります)。

   ショートはショートセリング(カラ売り)が短縮されたものです。もともとロングもショートも、株や商品相場の信用取引などで使用されていました。呼称の由来・語源は明確ではありませんが、買いは値上がり益を狙って長く保有し、カラ売りは一時的なヘッジのためだから、と解釈するのが自然のようです。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.