オファー

   FXの取引値(クォート)は、常に売値と買値が同時に提示されます。これを2ウェイプライスといいます。オファー(Offer)とは顧客側から見た買値にあたり、アスク(Ask)という場合もあります。これに対して顧客側から見た売値はビッド(Bid)といいます。顧客はオファーで買ってビッドで売るわけです。もともとは値段を提示する側から見た言い方で、競売のせり値と同様に「この値段なら売るよ」というのがオファー(アスク)、「この値段なら買うよ」というのがビッドです。

ビッドとオファー

   顧客から見るとオファーのほうが高く、ビッドのほうが低くなります。つまり、高いほうの値段で買って、低いほうの値段で売らねばなりません。ですから売り注文にしろ買い注文にしろ、新規で注文が成立した時点では、その差(スプレッド)分だけ含み損を抱えることになります。それが業者の利益になるというわけです。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.