テールリスク

   テールリスク(Tail Risk)とは、発生する確率は低いものの、ひとたび起こると重大な影響を及ぼすと考えられるリスクのことです。テールは尻尾を意味しますが、統計学で使う分布図(例えば偏差値分布図)の端が尻尾のように見えることから、このように呼ばれます。同じような意味合いで使われる言葉にブラックスワンがありますが、こちらは有りそうもないことの例えに使われます。

   テールリスクの具体的な事例としては、アジア通貨危機ロシア危機があげられるでしょう。この時は、ノ−ベル賞受賞者が創設に加わった大手ヘッジファンドLTCMが破綻するなど、金融市場が大混乱となりました。

Copyright(c) 2008-2019 All Rights Reserved.