為替相場の特徴

   為替相場の最大の特徴は、相対的な価値であるということです。為替相場はとりもなおさず二つの通貨の交換レートですから、絶対的な価値基準といいうものがありません。割安とか割高を判断するような指標がないのです。この点を株式と比較してみましょう。

株価の判断基準

相対的価値株価には適正価格かどうかを測る指標があります。最も一般的なのはPER(株価収益率)でしょう。1株あたりの収益を計算し、株価がその何倍かを表した指標です。絶対的ではありませんが、一定の判断基準になります。世界の株式市場でも共通の尺度として用いられています。また、PBR(株価純資産倍率)も重要な指標です。その会社が持つ純資産総額(現金や不動産などの資産から負債=借金を引いたもの)を1株あたりに引きなおしたものです。投資家は、これらの指標を参考にして、株価が割安か割高かを判断します。特にPBRは、理論的には株の価値そのものといってもよいのです。

為替相場は交換比率

   FXの対象である為替相場はどうでしょうか。為替相場がモノや株価と決定的に異なっているのは、2通貨の相対的な価値だということです。つまり為替相場はプライスではなくレート(交換比率)だということです。為替レートには原価もありませんし、また無価値になったりすることもありません。株式は、その会社が倒産すれば価値を失いますが、通貨ではそういうことは起こらないのです。また、ドルは円に対して値上がりしているのに、ユーロに対しては値下がりしている、という状況が起こったります。

   為替相場は相対的な価値であり、通貨の組み合わせも多種多様なので、割高・割安を判断する基準として広く用いられている指標はありません。ただ、まったくないわけでもありません。それは購買力平価といわれる考え方です。次のページではこれについて解説します。

◎次のページ:購買力平価説

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.