PER(株価収益率)

   PER(Price Earnings Ratio)は株価収益率ともいい、株価を一株当たりの利益で割ったものです。例えば、株価が100円で、一株当たりの利益が5円ならば、PERは20倍ということになります。もしこの企業がこの先ずっと5円の利益を上げ続けるとすれば、20年で現在の株価と同じだけの利益を生むことになります。将来性があると見られている企業のPERは、高くなる傾向があります。論理的に妥当なPERの水準というものはありませんが、

  • 国際間で比較する
  • その企業の過去の数字と比較する
  • 同業他社の数字と比較する

といった方法で、現在の株価が割安か割高かを判断することができます。一方、為替相場は2通貨の相対的な価値であるため、FXではPERに相当するような価格の比較基準はありません。

シラーPER(CAPEレシオ)

   通常のPERは短期的な利益見通しをもとに計算するため、どうしても変動が大きくなり、長期的な趨勢を判断するには適していません。その点を補正したものがシラーPERです。CAPEレシオ(Cyclically Adjusted Price Earnings Ratio)とも言われます。「景気循環によって調整されたPER」という意味です。具体的には、1株当たり利益をインフレ率で調整したうえ、10年移動平均値を用いてPERを計算します。これにより、実質的な企業収益力との関係で株価の割高・割安性が判断できます。一般的に25倍以上になると割高と言われます。

●シラーPERとS&P500●
シラーPER

Copyright(c) 2008-2019 All Rights Reserved.