ニューヨーク・クローズ

   FXではニューヨーク・クローズ(New York Close)という言葉がよく使われますが、これはニューヨーク為替市場の取引が終了すること、またはその時間をさします。あるいは、その時間の取引レート(クローズレート)を意味することもあります。

   為替取引は相対取引でしかも24時間ノンストップですから、厳密な開始時間や終了時間が決められているわけではありません。そこでFXでは、便宜的にニューヨーク時間の午後5時を一日の終了時間として、その時の取引レートで値洗い(マーク・トゥ・マーケット)を行ったりスワップポイントの計算を行ったりします。一般的にこれをロールオーバー処理と言います。

   ニューヨーク時間の午後5時は、日本では夏期なら朝の6時、冬期なら7時に相当します。違いが生じるのは米国がサマータイム(夏時間)を採用しているからです。詳しくは『為替市場の時間帯』をご覧ください。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.