両建

両建とは

   両建(りょうだて)は、同一銘柄について同量の売りと買いの建玉を同時に持つことです。相場変動の影響を受けませんから、見通しがはずれて自信が持てなくなったときなどに、一時避難的に利用されます。例えば株式や商品の先物取引では、手数料が余計にかかるというデメリットはありますが、含み損益はひとまず固定することができます。

両建とFX

   しかし、FXでは事情が異なります。確かに為替相場の影響は受けなくなりますが、問題はスワップポイントです。FXでは建玉を持っている間ずっとスワップポイントの受け払いが生じます。その差の分だけ確実に損失が拡大するのです。もちろん、スプレッドの差も余計なコストになります。

   そのため、理屈だけ考えれば両建には何のメリットもありません。「集中力を途切れさせない効果がある」という人がいるかもしれませんが、相場が上手い人が聞けば、損切りを実行できないことの言い訳にしか聞こえないでしょう。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.