FXの長期投資

   FXは短期売買で利益を狙う投機イメージが強いと思いますが、長期投資でも大きなメリットがあります。外貨預金よりもコストが安いですし、レバレッジを効かせることもできます。もちろん、効かせないという選択もできます。株式や投資信託と違って、リスク・リターンの度合いを自分でコントロールできるわけです。

   また、後述するように為替相場には数年から5年程度続く長期トレンドが発生することがあります。この流れに乗って若干のレバレッジを掛ければ、大きく資産を増やすことができます。以下、FXによる長期投資で成功するためのノウハウを解説していきます。

FXで長期投資を行う場合の視点

   為替相場は二つの通貨の相対的な価値です(参考記事:為替相場の特徴)。ゆえにファンダメンタルズを比較して、一方の通貨が強くもう一方の通貨が弱ければ、明確なトレンドの発生が期待できます。どちらも強かったりどちらも弱かったりすると、綱引き状態となってトレンドは生まれにくくなります。これを整理すると次のようになります。○は強いトレンドが、△は穏やかなトレンドが期待でき、×はトレンドがあまり期待できないケースです。

A通貨 強い 強い 強い 中立 中立 中立 弱い 弱い 弱い
B通貨 強い 中立 弱い 強い 中立 弱い 強い 中立 弱い
トレンド × × ×

   FXで長期投資を行う場合は、こういう視点をもって銘柄を選択することが重要になります。一方が強く、一方が弱いというケースは、経済記事を丹念に読んでいれば発見することができます。

為替相場で発生した長期トレンドの事例

   例えばユーロ/豪ドル。もともと豪ドルはユーロの動向に追随する傾向があるため、この通貨ペアでは息の長いトレンドが生まれることはあまりありません。下のチャートはユーロ/豪ドルの月足ですが、2008年ころまではそんな感じです。ところが2009年から2012年の中ごろまでは、約3年半におよぶ長期の下降トレンドとなっています。なぜでしょうか。

   このとき、ユーロにはユーロ危機という弱材料がありました。一方、豪ドルには中国景気という強材料がありました。中国はリーマンショック後に大型の景気刺激策を打ったため、同国を主要な輸出先とするオーストラリアのファンダメンタルズは良かったのです。ユーロ圏のような信用不安もありません。まさに、一方の通貨は弱く、一方の通貨は強かったわけです。

ユーロ豪ドル月足

   ところが、2012年半ば以降はユーロが上昇に転じます。これはユーロ危機が沈静化して欧州の景気が持ち直す一方、中国の景気が鈍化したからです。2013年7月に発表されたユーロ圏と中国のPMI(購買担当者景気指数)を比較すると明白です。ユーロ圏は1年半ぶりの高い数字(マークイット社発表)、中国は約1年ぶりの低水準(HSBC社発表)だったのです。

FXによる長期投資の勘所

   FXは24時間取引ができて流動性も豊富であることから、短期売買にはうってつけの金融商品です。しかし、上述のように2国の政治経済をみきわめることができれば、中長期投資にも応えてくれる金融商品です。世界情勢に関心がある方なら、企業の成長に投資する株式とはまたちがった醍醐味を味わうことができるでしょう。

◎次のページ:FXのカバードコール戦略|前のページ:もちあい分析

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.