FXの取組

   取組(とりくみ)は先物取引や信用取引で使用される用語で、未決済建玉の残高状況を意味します。例えば、株式の信用取引では、取引所などが銘柄ごとに買い残と売り残を公表します。これを取組状況といい。「買い残÷売り残」で求められる数値を取組倍率といいます。また、先物取引では限月ごとや市場参加者ごとの残玉状況が公表されます。こうしたものを相場用語で取組というわけです。取組状況には市場参加者の思惑や勢力関係が反映されるため、相場を占ううえで重要な情報とみなされています。

くりっく365の取組

   FXではどうでしようか。FXのベースとなるインターバンク市場は銀行間の相対取引なので、取組に関する情報はありません。ただ、米国の先物取引市場であるIMMに通貨先物取引が上場されており、ここでは週単位で取組状況が発表されています。コミットメンツ・オブ・トレーダーズという名称で広く知られており、FXでは貴重な情報と言えます。

   その他では、東京の金融先物取引所(TFX)が公開している情報があります。上図は「くりっく365各種データ」から一部を転載したものです。

◎次のページ:FXとリスクリバーサル|前のページ:FXの出来高

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.