FXの必勝七ヶ条

ここまで、FXで勝つために実践すべき重要ポイントをお話ししてきました。それらを粛々と実行できれば、1年後には相応の収益を手にすることができると思います。ただ、実行することがなかなか難しいわけです。そこで、ここまでの内容をベースに、為替相場で勝つための七ヶ条をまとめました。たまに見返して、自己管理ができているかどうか、チェックしてみることをお勧めします。相場では『魔がさす』ことがよくありますが、必勝法は実行できてはじめて意味を持つのですから。

  1. 一攫千金の下心は捨て、着実な資産運用を目指しましょう。
    当サイトでは年率30%をベンチマークにしています。もちろん、結果として50%や100%になる可能性もありますが、欲ばかりかいて気持ちに余裕がなくなると、結局相場には勝てません。
  2. レバレッジはほどほどに押さえ、資金に余裕を持たせましょう。
    当サイトでは10倍以内(通常は3〜6倍)のレバレッジを基本としています。気持ちの余裕と資金の余裕が相場に勝つために最も重要な要素です。
  3. マイルールを定め、しっかり守りましょう。
    入口ルールと出口ルールを明確にしましょう。当サイトでは大勢順張り・小勢逆張り押し目買い戻り売りを徹底しています。「相場の頭と尻尾は他人にくれてやれ」です。
  4. 意地商いと値ごろ商いはやってはいけません。
    これらは代表的な投資家心理の罠であり、知らず知らずに陥っていることがあります。マイルールを破る最大の原因ですから、常に注意しましょう。
  5. 相場は上達するもの。そのための努力を続けましょう。
    投資家は誰もが努力の途上です。必勝法が体にしみ込むまで鍛錬を怠りなく。
  6. 世界の政治や経済にも関心を持ち、FXを楽しみましょう。
    関心が持てない人は別の金融商品を選んだほうがよいと思います(参考記事:為替相場のファンダメンタルズ)。
  7. 相場は自己責任の世界。それが実践できなければ相場から足を洗いましょう。
    損を他人のせいにする人は相場では絶対に勝てません。取引をやめるべきです。

以上ですが、これを参考にして、ぜひ自分なりの七ヶ条や十ヶ条に発展させて、必勝法を完成させてください。FX取引での成功をお祈りします。

◎前のページ:入口ルールと出口ルール

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.