オーバーナイト取引

   オーバーナイトとは『夜を越える』という意味ですから、2日間以上にまたがった取引のことを、オーバーナイト取引(Overnight trading)と言います。これに対して、その日に新規に建てた建玉をその日のうちに決済してしまう取引をデイトレード、または日計り商い(ひばかりあきない)と言います。

   一般的に、株式などの取引所取引では午後の一定時刻に取引が終了します。このとき、未決済の建玉を持っているとすれば、それはオーバーナイト取引となります。翌朝になって取引所が開くまで、取引は停止するからです。

   では、24時間取引が前提のFXはどうなのでしょうか。一般的に、FXの一日はニューヨークの午後5時で終了します(日本の午前7時。サマータイム(夏時間)期間中は午前6時。これをニューヨーク・クローズといいます)。これをまたいだ取引をオーバーナイト取引、またがなかった取引をデイトレードとするのが普通です。ですので、例えば日本時間の午後23時に注文が成立し、翌日25時(午前1時)に決済した取引であっても、ニューヨーク・クローズを超えていないので、デイトレードとなります。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.