スリッページ

   スリッページ(Slippage)はFXにおける注文値と約定値の差のことです。とくに、逆指値注文の執行時に起こる価格のずれを指すことが多いのですが、現在では指値注文成行注文でも使用されています。

逆指値注文におけるスリッページ

   逆指値注文は通常の指値注文と違って、為替相場が指定条件を満たしたら成行注文が出されるという2段構えの仕組みになっていることが多い注文方式です。この方式では、指定した価格どおりに約定しないこと、すなわちスリッページが起こりえます。例えばUSD/JPYを100円で買って、逆指値注文を99円に置いたとします。為替相場が下がってきて99.00をつけると、そこで成行注文が発せられます。発注後の市場価格は99.01になるかもしれませんし98.99になるかもしれませんから、スリッページが生じるのです。こうした仕組みを採用しているのは、取引の相手方となる業者自身のリスクを回避するためです。

   また業者によっては、あくまで条件が満たされた時点の価格で約定させる方式を採用しているケースもあります。これだと、価格が連続していれば指定した価格で約定しますが、価格が指定価格を飛び越えてギャップが生じると、やはりスリッページは発生します。ただし、ギャップが生じても一定範囲内なら指定値で約定させることをセールスポイントにしている業者もあります。

  • 市場価格は連続しているとは限りません。例えば上の例では、99.01から99.00を飛び越えて98.99をつけることもあります。この場合は価格の推移にギャップが生じますが、実際にはついていない99.00円で約定させる業者もあるということです。

指値注文におけるスリッページ

   指値注文は指定値かそれよりも有利な価格で約定するという注文方法です。例えば市場価格が100円のとき、99円で指値を入れたとします。為替相場が下がってきて99.01をつけ、次に99円ちょうどを飛び越えて98.99をつけたとします。この場合、業者によって約定値が異なります。あくまで指定値で約定させる業者と、市場の実勢値(この場合は98.99円)で約定させる業者があるからです。後者ではスリッページは発生しませんが、後者では発生します(ただし顧客から見れば有利なほうに)。なお、指値では不利なスリッページが発生することはありません。価格が有利な方向へ進んでいる状態だからです。

成行注文におけるスリッページ

   成行注文ではそもそも指定値がありませんが、発注時に注文画面に表示されていた価格と約定値のずれをスリッページと言います。これは、注文ボタンを押した時点とその注文が実際に執行される時点でわずかなタイムラグ(レイテンシー)があるために起こります。取引システムによっては、この差の許容範囲をあらかじめ指定できるものもあります。また、スリッページを発生させないストリ−ミング注文を採用している業者もあります。

スリッページ規制

   2011年にスリッページに関するある事件が起こりました。これは米国のFX業者であるFXCM社が、スリッページを不正に操作していたことによって多額の罰金(2千万ドル)を科せられたというものです。同社のビジネルモデルは基本的に顧客の注文は全てカバー取引先につなぐというものでした。このタイプでは、顧客取引とカバー取引とで約定値に差異が発生する可能性があります。FXCM社では、顧客にとって有利なスリッページが発生した場合は顧客に還元せず、自社の利益としていたのです。一方で不利な場合はそのまま顧客の約定値に反映させていました。米国当局(NFA)は罰金のほかに、不正で得た利益を2008年に遡って顧客に還元させています。

   この事件をきっかけにスリッページに関する規制が強まり、日本でも2013年に金融先物取引業協会の自主規制ルールとして、スリッページ規制が導入されています。これはスリッページ自体の発生を否定するものではなく、業者が非公正な操作を行うことを禁止しています。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.