NDD方式とDD方式

   NDD方式とDD方式は、店頭FXの取引形態を区分する用語です。両者の違いは注文の執行方式にあります。微妙に約定値やスリッページに影響が出る可能性があり、デイトレードのような短期取引が中心の人にとっては考慮に入れたいポイントです。

店頭FXと取引所FX

   NDD/DDの話しを始める前に、大枠の整理をしておきましょう。そもそもFXには取引所FXと店頭FXがあることはご存知の方も多いと思います。前者は「クリック365」という商品名で提供されており、東京金融取引所(TFX)が管理運営しています。そのため、どの業者に取引口座を開設しても、取引形態や注文の執行方法に違いはありません。しかし後者の店頭FXでは、業者ごとにいくつかの違いがあります。その中の一つがNDD方式とDD方式です。(参考記事:店頭FXと取引所FX

NDD方式とは

   DDはディーリング・デスク(DealingDesk)、NDDは(NoDealingDesk)の略称です。デスクというのは事務机のことですから、人間(ディーラー)が介在しているかいないかの違いを指します。介在する場合は、FX業者とリクイディティ・プロバイダの間に位置します。リクイディティ・プロバイダとは、FX業者に対して為替レートを提供する銀行等のことです。NDD方式では、顧客の注文は個々にリクイディティ・プロバイダへ渡されます。そこで約定すれば、顧客にそのまま返されます。このためNDD方式でFX業者が果たす役割は、取引の仲介をするだけというイメージ。取引システムなどのインフラを提供することが主な仕事になります。

  • NDD方式をエージェント・ビジネスと表現することもあります。

DD方式とは

   これに対してDD方式では、顧客の注文はいったんディーラーが受けて約定させます。この時点でディーラーは顧客と反対のポジションを持つことになり、市場リスクにさらされます。しかし実際には多くの注文が複数のディーラーに入りますから、相殺される(つまり売りと買いが対当する)ポジションもかなり出てきます。その部分は相場の変動に対して中立になりますから、リスクをヘッジする必要がありません。そこでDD方式では、ディーリング・デスク全体のリスクを把握して、必要な分だけリクイディティ・プロバイダと取引を行います。

  • 売りポジションと買いポジションを相殺することをマリー(結婚)させると表現したりします。

NDD方式とDD方式の共通点と相違点

   FX業者はインターバンク市場の参加者ではありませんので、NDD方式にしてもDD方式にしても、リクイディティ・プロバイダからレートの供給を受け、それを顧客に提示するのは一緒です。また、顧客の取引相手がFX業者である点も同じです。違うのは、業者が行うカバー取引(対顧客ポジションのリスクをヘッジするためにリクイディティ・プロバイダと行う取引)が、NDD方式では一つ一つの取引に対して行われるのに対して、DD方式では相殺できるものは相殺して残った取引に対して行われるという点です。

取引への影響

   以上がNDD方式とDD方式の基本的な違いですが、では顧客である投資家から見てどのような差が生まれるのでしょうか。冒頭で「微妙に約定値やスリッページに影響が出る可能性があり」と書きましたが、その理由をご説明します。

   まず始めに顧客の注文が処理される流れを考えてみましょう。NDD方式では、リクイディティ・プロバイダが提示したレートが業者のシステムを経由して取引画面に表示され、それを見た顧客が注文すると、機械的に個々のリクイディティ・プロバイダへ注文が返っていきます。しかしこの一連の流れの間には、レイテンシと呼ばれるわずかな時間差が生まれます。これに起因して、成行注文逆指値注文ではスリッページが発生することがあります。つまり顧客が画面で見ていたレートと異なるレートで約定する可能性があるわけです。NDD方式ではこれは避けることができません(これを利用していたのがFXCM社のケースです。関連した記述がスリッページの説明の中にあります)。

   一方、DD方式を採用している業者の中には、「顧客の注文は顧客が見ていた値段で約定させる」という方針を謳っているところがあります。これはレイテンシによってレートが動いていたとしても、そこは無視して約定させてしまうからです。全体でリスク管理をしているため、多少の差は許容してしまうというわけです。

   リクイディティ・プロバイダはもとよりリスクを負いませんが、NDD方式ではFX業者もリスクを取りません。ではレイテンシでレートが変わってしまうリスクを誰が負うかというと、それは顧客ということになります。つまりスリッページのリスクです。顧客もリスクを取らないのであれば、注文が約定しないケースも出てくるわけです。他方、DD方式の場合は業者がレイテンシのリスクを取ります。ですから実際にはレートが動いていたとしても、顧客は発注時のレートで約定するというメリットを享受できるわけです。ただし、DD方式を採用している業者もさすがに無条件に約定させるわけではなく、一定限度を超えた場合は約定させないといった対応が取られています。

取引の透明性

   上述のように、スリッページや約定しないリスクについては、NDD方式のほうが高いのです。ですから、ごくわずかなレートの差が重要になる短期売買では、DD方式のほうが有利と考えることもできます。しかし一方で、DD方式は取引の途中に人間が介在するので、何らかの操作が行われる可能性を指摘する意見があります。例えばインターバンクのレートを横目で見ながら業者に有利(顧客には不利)なレートを提示するとか。こうした噂については確認のしようもありませんが、事実なら規制当局や自主規制団体が黙認することはありません。少なくともバックボーンがしっかりした業者であれば、心配には及ばないでしょう。

◎次のページ:FXと忍耐力|前のページ:スリッページに関する注意点

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.